見学して決めよう

headstones near the road

東京にどんな納骨堂があるのかということは、ネットで見つけることができます。納骨堂のHPで、そこが提供しているさまざまなサービスについてチェックしてみましょう。
納骨堂はかつて、文字通り遺骨を納めるための場所として使われてきました。お墓ができるまでの「仮の場所」として使われてきた歴史があります。それが変化したのは歴史的に見ればごく最近のことですが、現代という時代に合っているものとして広く受け入れられています。
「地方に親戚縁者がいて東京には自分独り」という場合、地方からお墓参りに来てもらったりするのはなかなか大変なことです。しかし同じ東京で眠るにしても、お墓に眠る場合と違い、納骨堂では施設で供養をしてくれます。個別の納骨スペースは定期的に清掃してもらうことができ、お経なども挙げてもらえます。
また、納骨スペースとは別に広いスペースを持ち、葬儀を行うことができるという納骨堂も、東京にはあります。

このようなさまざまなサービスが充実している納骨堂をネットで見つけたら、より詳しく知るために資料を請求してみたり、見学してみたりすることをオススメします。
納骨堂では実際に自分が、あるいは家族の誰かが入る前に中を確認しておきたいという人たちの見学を受け付けています。実際に足を運んでみれば、納骨堂がにぎやかな大都市、東京の中にあって静かな場所に建てられていることを確認できるでしょう。納骨スペースの実際の見た目などもチェックできるでしょう。
これもまた、最近流行している「終活」の取り組みの一つであるといえるでしょう。